失明のリスク

まつ毛育毛剤に興味があっても、実際に使用することには躊躇をしてしまうというケースも多いかもしれません。その中で多い意見として、目に悪影響が出るのではないかという意見があるでしょう。まつげという、目にごく近いところに薬剤を塗布する以上、最悪失明の可能性ということも想定をしておく必要があります。
まつ毛育毛剤として、ルミガンという商品が、注目を集めています。実はこのルミガン、主成分はビマトプロストという成分なのですが、こちらが失明のリスクがあると、インターネットで紹介されたこともありました。
まつげ美容液の中に、ビマトプロストという成分が含まれている商品がありました。こちらは、無許可の商品であったということと失明の恐れがあるので回収の命令が下ったという記事が出たこともあって、ビマトプロストが失明の危険ありというふうに誤解されたと見られています。
しかしルミガンは、医薬品として、正式に認可を受けている商品ですから、塗ったことで、失明をしてしまうということはまずありません。実際、ルミガンを使用したことで、失明をした、そのほか重大な視力障害が起きたという事例は、世界中でも報告されていません。ですから、失明のリスクがあると、インターネット上で書かれていたことで、購入を躊躇しているのであれば、その誤解は解くべきでしょう。
そもそも、ビマトプロストという成分は、緑内障の治療薬として使われているものです。しかも緑内障の治療薬としてのビマトプロストの使い方は、点眼タイプで、直接目に落とすという方法をとっています。失明のリスクがある商品を目に直接つけるという方法をとるわけがありません。
ただし、ルミガンに似たような商品で、どこが製造元がはっきりしないような、まつ毛育毛剤が出回っていることも事実です。そのような商品の中には、失明とまではいかなくても、いろいろな副作用が現れる危険性のある商品があることも事実です。きちんとどこが作っているものか、出元がはっきりとしている商品以外のものは、安易に使用しないようにすることが重要です。