使い方について

まつげの育毛剤として、ルミガンという商品が、高く注目をされています。ルミガンは、まつげの育毛効果があると口コミでもよく紹介されています。そしてもう一つ、ルミガンが人気になっている理由として、簡単にまつげのケアをすることができるということも指摘できるでしょう。ルミガンの使い方ですが、簡単である一方で、使い方を誤ると逆効果になってしまう可能性もあるので、注意しましょう。
まず、ルミガンの使い方ですが、一塗りするだけでOKです。まつげの生えているラインに沿って、ルミガンを塗ればいいのです。しかも1日1回一塗りをすればいいだけですから、1分かかるかかからないかで、まつげケアをすることができるということになります。
中には、1日1回ではなく、数回塗れば、よりまつ毛のボリュームアップ効果を期待することができるのではないかと思っている人もいるかもしれません。しかしこれは逆効果になってしまいます。何回もルミガンを塗ってしまうと、副作用が現れる危険性もあります。ルミガンは、医薬品として認められている商品です。ですから、決められた用法をきちんと守って、使用することをお勧めします。
またルミガンを塗る場合には、朝ではなく、夜に塗るようにしましょう。おそらく夜ということは、化粧をして外出をして戻ってきたタイミングということになるでしょう。ルミガンを塗る前には、洗顔やクレンジングをきちんとやっておきましょう。顔に余計な化粧品の成分がくっついていない状態で、ルミガンを使用しないと、思ったような効果が表れなくなってしまう可能性があります。
まつげの育毛を希望している人の中には、下まつ毛をのばしたいと思っている人もいるかもしれません。その場合、まぶたの上下両方にルミガンを一塗りするものと思っている人もいるかもしれません。しかし下まつ毛の育毛を希望している場合でも、上のまぶたにルミガンを塗るようにしてください。下まぶたに塗ってしまうと、その周辺に薬剤が居座ることになってしまうかもしれません。すると、まぶたとその周辺に悪影響が出る可能性もあります。
上まぶたにルミガンを塗っても、瞬きなどでまぶたを閉じたときに、下まぶたに薬剤はくっつきます。そのことで、まつげの育毛効果は、十分に期待することができるわけです。