個人輸入について

現在のところ、日本では、ルミガンというまつ毛育毛剤を医薬品として承認を与えていません。今後もしかするとルミガンが認可を受ける可能性はありますが、現時点ではドラッグストアなどで、ほかの市販されている医薬品のように、ルミガンを購入することはできません。ルミガンを購入する方法として、個人輸入という方法をとる必要があります。
日本で認証されていない医薬品でも、あくまでも販売目的ではなく、個人的に使用する目的であれば、海外で購入をして、商品を輸入することで購入するという方法があります。これが個人輸入という方法です。しかし個人輸入をする場合には、いろいろと注意をしないといけないポイントがあります。
輸入をするということは、海外の業者と交渉をして購入することになります。ということは、もしかすると購入手続きを英語でこなさないといけなくなってしまう可能性があります。中には、自分ひとりの力では、購入手続きを完了することができなくなる可能性もあります。もし自分で手続きをすることに自信がないというのであれば、個人輸入の代行業者があります。こちらにお願いをするのも一つの方法です。
ただし輸入代行というのは、あなたの手続きの通訳をしてくれるにすぎません。ですから、もしも実際の手続き上のトラブルがあったとしても、それが代行業者のミスによるものでない限り、責任を負ってくれないということは、あらかじめ理解をしておく必要があります。
ルミガンは、世界的に承認を受けている医薬品です。ですから、めったなことではへんな商品が自宅に届くということはありません。しかし中には、模造品やニセの薬が来るという可能性もないわけではありません。購入をする場合には、相手の業者が信用をおくことができる業者かどうかということは、確認をしておいたほうがいいでしょう。もし模造品が来た場合には、絶対に使わないようにしましょう。不純物が混ざっている可能性があります。効果が出ない程度であればいいですが、もしかすると、何らかの副作用が出てくる可能性もあります。
海外から輸入するとなると、送料がかなり高くつくのではと思う人もいるかもしれません。しかしルミガンは、実物を見ていただければお分かりかと思いますが、かなり小さなサイズのボトルになっています。ですから、それほど送料が高くつくことはありませんので、心配をしなくてもいいでしょう。